なんの変哲もない日

健忘録です

ITZYのWANNABEとICY

港のベンチに座って強風にあおられながらブログを書いている。アナログなのかハイテクなのかよくわからないけど、晴れの日の散歩は心地よい。

ところで、つい最近イッジにはまった。もう今更にもほどがあるのだけど、存在は知っていてもはまるタイミングって人それぞれあるよねということで。最初は、Pinterestで見たリュジンに一目惚れした。同時期に「100日の郎君様」で見たハン・ソヒにときめいていた。前々から二人は似てると言われていたらしい。我ながら好みがはっきりしている。写真だけだとロングヘアの子が多くなかなかメンバーが覚えられなかったので、動画を見てみることにした。そしてWANNABEでまんまとはまった。


ITZY "WANNABE" M/V

JYP公式は歌詞の日本語訳がちょっとあれなのでわかりにくいけど、曲やダンスはもちろん歌詞が好き。大まかな内容は「私は私のままで完璧、私は私になりたい。別の誰かになる必要はない」という自己肯定ソングなんだけど、それだけで終わらない。ただ明るくて元気なだけではなくて、「色々干渉してくる奴うっさいわ! 自分の心配してな!」ってはっきり言ってしまうところがとても好み。歌っている本人たちも気持ち良さそうというか、爽快な感じがする。 ICYも同じようなテーマの曲で、こちらもちゃんと


ITZY "ICY" M/V

「私は冷たく見えてもいい、あなたの考えに合わせる気はない。みんなうるさい」って言ってくる歌詞が大好き。そう歌っているITZYのメンバーも、本当のところいつも歌詞のようにはできないんだろうし、私も含め大抵の人はそうだけど、だからこそこの歌に意味があると思う。

まだちょっとしか見ていないけど、パフォーマンス以外では結構わちゃわちゃしたり脱力系だったりするところもかわいくて、メンバーそれぞれに個性があって今沼にお腹の辺りまで埋まりつつある。

ヘアトリートメントと給食

2連続でコスメやヘアケア用品の記事を書くと実用的なブログと誤解されてしまうかもしれないけど、全くそんなことはない。
本当に些細なことだけど、最近買ったヘアトリートメントが給食のはちみつマーガリンを思い出させるノスタルジックな商品だった。給食のはちみつマーガリン、実はネット通販で変えるらしい。

容器の両端を軽く押すと、プチッと真ん中が開いてはちみつとマーガリンが一緒に出てくるあれ。私は昔パンをたくさん食べられなくて、申し訳程度にレーズンの入った細長いパンやプレーンのコッペパンが苦手だった。世代や地域の問題なのか、揚げパンは給食のメニューにはなかった。でも薄い食パンとはちみつマーガリンの日はちょっと特別で、あのプチッという音やはちみつの甘みが無味乾燥で制約の多い学校生活のなかでは魅力的だった。
このパンテーンのヘアトリートメントは、プッシュすると出てくる黄色のオイルと白のセラムをまぜて使う。この仕組みと色が給食のはちみつマーガリンそっくりで、なんだかなつかしい気持ちになった。匂いははちみつではないけれど、さわやかでいい。ヘアトリートメントにしては容器が大きいのでもう一回買うかと言われると疑問だけど、使うたびに給食を思い出し、はちみつを食べたくなる。

スキンケアする奴

在宅中心の生活で人と会う機会が減るにつれ、スキンケアに力を入れるようになった。年末年始の不規則な生活や暴飲暴食がたたり、マスクのせいもあって、年末から今年にかけてずっと肌の調子が悪かった。

もろもろ試行錯誤した結果、今も顎周りのできものは完全には消えていないけど、だいぶ肌の調子が良くなってきた。ルナルナを頻繁に見ては「今日は周期的に肌荒れしやすいのか。じゃあ刺激の強そうなものは止めておこう」とかやっている。我ながらえらい。普段そんなに美意識が高いほうではないが、つづ井さんがお尻を育てていた感覚ってこんな感じかなと理解できた。(つづ井さんがお尻を育てる話はこちら↓)

crea.bunshun.jp

外出による出費が減ったぶん、清水の舞台から飛び降りる気持ちでデパコスを買ってみたりもした。せっかくなので最近いいなーと思ったスキンケア用品について書いておく。

キュレル 化粧水 III (とてもしっとり) 150ml

キュレル 化粧水 III (とてもしっとり) 150ml

  • 発売日: 2017/08/01
  • メディア: ヘルスケア&ケア用品
 
キュレル 乳液 120ml

キュレル 乳液 120ml

  • メディア: ヘルスケア&ケア用品
この二つは結構前から使っているけど、やっぱりいい。乾燥しやすい肌でもしっかり保湿してくれる。化粧水と乳液は肌の調子が悪いときも必ず塗るから、低刺激なものが好き。保湿以外の効果はとくにないようなので、肌の調子が良いときはアクアレーベルの化粧水を使ってみたりする。ちょっとだけしみる。

すぐに効果を感じた美容液がアユーラのリズムコンセントレートα。

www.ayura.co.jp

40mlで8800円は清水の舞台から飛び降りて全身負傷しそうな高さ。でも塗った瞬間さすがだわ……と思う。やや敏感肌の私でも全くぴりぴりせずほどよくしっとりする。塗った翌日は肌がすべすべで化粧下地がすーっと伸びていく。凄い。1回分2プッシュで顔にまんべんなく塗れるから、意外と長持ちするんじゃないかな。でももったいなくって1日1回か2日に1回くらいしか使わない。

洗顔料はスキンライフのニキビ肌向けのものが良かった。

同じ牛乳石鹸の会社から出てるピンクのうるおい洗顔フォームをずっと使っているのだけど、私の肌にはやさしすぎたのか、吹き出物やニキビがなかなか治らなかった。敏感肌で乾燥もしやすいのに、額や口周りはそこそこ皮脂出るしニキビもできるよ、という手のかかる肌質らしい。となるともう少し洗浄力があるものが欲しいけど、強すぎると乾燥したりぴりぴりしたりするし、と困っていたところでスキンライフの洗顔料を見つけた。泡立ちがよくて、洗い上がりがさっぱり。でも乾燥しない。朝はピンクのうるおい洗顔、夜はスキンライフの洗顔を使っている。ニキビ・吹き出物用塗り薬↓と併用していると、だんだん肌荒れが落ち着いてきた。やったね。

 

福袋と取捨選択の話

秋と冬が好きなので、だんだん季節が春めいていくのが寂しい。1月の終わりごろ、正月休みや冬が名残惜しかったのかこれを買った。

【楽天市場】★★ 楽天総合ランキング1位 ★★ 3年連続受賞 福袋 2021 レディース 福袋 下着 レディース セット 福袋 ブラジャー ショーツ セット 福袋 ブラショーツ ブラ ショーツ セット 福袋 2021 福袋 レディース 2021 福袋 送料無料:三軒茶屋通信インナーウエア三恵

下着5点セット4,398円の福袋。安い。私にとって初めての福袋で不安だったけれど、これがなかなか良かった。5点のうち2点はかなり好みなデザインだったし、2点ほど魔女かアゲハ蝶みたいな色の下着が入っていたが着てみると悪くなかった。ショーツの前と後ろをつなぐゴムがかなり細かったり、ブラジャーのひもが外れやすかったり(ちぎれるわけではないが、付け直すのが面倒)するけど、値段を考えると十分な品質だと思う。刺繍・レース・プリントなど色んなデザインがまざったAタイプと、刺繍タイプだけのBタイプが選べる仕様もうれしい。私はわくわくしたかったのでAタイプにした。

私は本当に下着に興味がなく、友達や家族から注意されるぐらい下着を買わない。「見えないところを気にする人こそ本当におしゃれな人」という言葉があるけれど、かなり的を射ていると思う。私はおしゃれじゃないし、とんでもなく古びた靴下やインナーを着用している。普段よれよれのものを着けているせいで、下着を買うたび「本来下着ってこんなに引き締めてくれるものなんだな」と感心する。誰にも見せないとしても、身体や自分の気分のために下着をちゃんと買い替えたほうがいいなと反省。でもやはり他のものに比べて下着に興味がないのは事実なので、当面は福袋やセールでまとめ買いすることにしたい。ちょっとずつ福袋のグレードを上げていけば、そのうち家にある下着群のグレードも上がるはず。よく考えると、この三恵の福袋は「リピーター続出」とうたっているけど、実は私のような人が買っているだけなのかもしれない。

年をまたいで色んなものを捨てたり新しく買ったりしているときに、自然と自分の中での優先順位について考えることが多かった。大富豪ならともかく、一般的には各々の経済力や優先順位に従って、買うものを取捨選択する必要がある。買うものの中でも、必要最低限のクオリティーでよいもの、もっとお金をかけたいものなど色んなレベルがある。たとえば私の場合、文房具や手帳や時計は今のままでいいけど、服はもう少しお金をかけたい、などなど。もっと細かく言うと、ヘアトリートメントは今のままでいいけど、シャンプー・トリートメントはもう少し上質なものにしたいとか。箇条書きにして優先順位をつけて、その理由も書いていったら、自分の判断基準が見えてきた。「今までどおりでいいもの」の理由を見ると、だいたいが「興味がないから」か「激しく消耗するから」だった。まれに「今満足してるから」もある。

もっとお金をかけたいものの一つは、映画鑑賞。ここ数か月映画館に行けていないので、今年はもう少し行けるといいな。

ド・ギョンスの話とおすすめの曲

(追記:紹介動画一つ追加しました)

25日に推しが兵役から帰ってくるということで、除隊記念にギョンスの話をする。もしかしたらド・ギョンス気になってるけどよく知らないな、という人が見てくださるかもしれないので、ついでに布教もしてみる。

私がギョンスを推し始めたのはたしか2015年のLOVE ME RIGHTから。友達がEXOにはまっていた影響で、初めは何となく曲を流して聴いているだけだった。ある日MVを見たら、好きな声だな〜と思っていたパートでむちゃくちゃ好みな男性が出てきて、それがギョンスだった。そこから「えっ私の好きなf(x)のGoodbye Summerのコラボ相手もよく見たらド・ギョンス」「あれいつの間に島男になった?」「Call Me Baby期のギョンスのかっこよさなに?国宝?」と瞬く間にはまっていった。もともと布教した側の友達が引くぐらいはまった。

さらに、無印良品ユニクロのアイテムを愛用しているけど香水は高価なものを使っていること、日本で好きな著名人が樹木希林玉置浩二(バラエティーでサプライズで来てくれました〜とは絶対ならない人選をしてくるところが彼らしい)、高校時代に恋愛で執着心が強すぎて失敗したこと、自己紹介が「他の人と同じように20代の青春を楽しんでいるド・ギョンスです」なこと、調理師の資格を持っていることなどを知りいっそう好きになる。他メンバーのペンも「結婚するならド・ギョンス」と言いがちなので、恋愛の報道がないのにツイッターの検索予測に「ギョンス 結婚」が出てくる。皆ギョンスと結婚したすぎ。それはわかる。本人に問題なくてもアンチコメントは付くけれど、ド・ギョンスへのアンチコメントはほとんど見たことがない。たまにちょっと個性的すぎる髪型になることへの不満ぐらいしかない。バラエティー番組中にリップクリームを塗っていたりゲームにあんまり参加していなかったりするけど、見たかぎりでは炎上していなかった(良かった)。ついでに言うと、ファンのマナーが悪くて一旦退場するときの怒り方までかっこいい(youtube参照)。

しかも歌とダンスとルックスにとどまらず演技が上手い。「大丈夫、愛だ」はそもそもドラマ自体が名作だし、「君を憶えてる」でサイコな殺人犯役をこなしてるし、「お隣さんはEXO」でのフラレ役はハマりすぎているし、「スウィング・キッズ」は映画の内容も良いし美坊主だしタップダンスも迫力がある。映画「明日へ」と「7号室」ではバイト代をもらえていなかったけど、ドラマ「100日の郎君様」で突然王族に出世した。貧乏でもお金持ちでも違和感のない演技がすてきだ。ちなみに平昌オリンピックの閉会式や「スッキリ」に坊主姿で出て「あのかっこいい坊主は誰?」「兵役終わり?」「野球部?」とちょっと話題になった。

そしてアイドルにしては早めかつ唐突に兵役に行ったド・ギョンス。兵役前、あまりにも表舞台に出る仕事が少ないので「ギョンスに仕事をさせてくれ」と抗議するファンも一定数いたとか。「ギョンスらしいけど、兵役前イベントも何もなく行くのはちょっと……」とファンが落ち込んだタイミングでソロ曲を突然発表してくれる。しかも歌詞は「流されるように生きていても、そのままで大丈夫だよ」と優しく励ます内容。いつもファンは姿を見るだけで励まされているのにギョンスの思いやりが過ぎる……。最高。

そんなギョンスが戻ってくるということで、本当にうれしい。ここでおすすめの動画をいくつか貼っておきます。


EXO 엑소 'LOVE ME RIGHT' MV

推し始めたころの曲。アメフトのユニフォームはあんまり似合っていないところも良い。


EXO 엑소 'CALL ME BABY' MV

EXOファンのなかでは地味、島ンスと言われがちだけど実は凄い美形なのではと気づくきっかけになった曲。アルバム「EXODUS」も大好き。

www.youtube.com

この何回見たかわからない最高の動画を紹介し忘れていた。かっこいいダンスブレイクと強いセンター二人に目を奪われる。でもギョンスペンとしてはとにかく3分58秒付近のギョンス(2列目左)を見てほしい。普段とパフォーマンスのギャップが凄い。ちなみに2013~2014年のギョンスはからし蓮根の杉本くんに似すぎ。


EXO 엑소 'Ko Ko Bop' MV

ギョンスには遊び人風の衣装は似合わないんじゃ……と思いきや全然そんなことなかった。最高だった。


[Comeback Stage] EXO - Lucky One, 엑소 - 럭키 원 Show Music core 20160611

ギョンスの首のアイソレーションが話題になった曲。凄いのに面白い。面白いのにかっこいい。ダンスは門外漢だけど、プロによるダンス解説動画を見るとさらに楽しめる。


学び多きダンシングがここにある!D.O.くんのLucky Oneを徹底解説!


[#D.O. Focus] EXO 엑소 'Tempo' @COMEBACK SHOWCASE


[#D.O. Focus] EXO 엑소 '닿은 순간 (Ooh La La La)' @COMEBACK SHOWCASE

Don' t Mess up My Tempoの収録曲から2曲!このアルバムもギョンスの声と合う曲がたくさん入っていて好き。TempoのMVはバイクに乗って悪そうな雰囲気を醸し出していたけど、アルバム自体はシックな感じ。

Tempoのダンス解説動画も、かっこいいと思っていた部分の具体的な説明があって良かった。


このダンス、森羅万象!EXOのD.O.くんを徹底解説!

ゆったりしているように見えて合わせるところはきっちり合わせてくるダンスが気持ちいい。

とにかくギョンス帰ってくるのうれし〜というブログでした。

ドラマ「100日の郎君様」感想

ドラマ「100日の郎君様」を今更完走した。16話、1話1時間超あるのにあっという間だった。以下ネタバレあり。
roukunsama.jp
ありとあらゆる定番設定を詰め込んだ王道の韓国ドラマだった。ロミオとジュリエット的な家同士の争いやら身分違いの恋やら記憶喪失やら。ベタだけど感情移入しやすいからこそ定番になるわけで、はらはらしながら楽しんだ。ただ序盤は時代劇なのもあって、古めかしい世界観に慣れるのに時間がかかった。あと、国王が終始おろおろしているし「走れメロス」の王もびっくりなぐらい何の罪にも問われないでコメディー要員になるので、ちょっとどうかなとは思った。
何と言っても最大のツッコミどころは左議政がやりすぎなところと、ムヨンと世子嬪がちゃっかり子供まで作ったところかな。ムヨンは自分の父親を殺した男の娘(世子嬪)に許されない恋をして彼女を守って死んでいくというかっこいい役どころ。それでも、「よく左議政の悪どさ知ってて家族の件もあるのに世子嬪に手出せたな」と思うし、恋愛至上主義のキャラが多いドラマだった。でもそこはわりと好き。それと、世子嬪役のハン・ソヒがとにかく美しかった。ご本人は左右非対称の顔がコンプレックスらしい(インタビューではなくてネットのまとめ記事で読んだので、出所不明)けど、そこも魅力的。TWICEのジョンヨンや女優の清野菜名ちゃんもそうだけど、個性的で表情がすてき。話が飛んでしまった。ツッコミどころとは言っても、ムヨンと世子嬪は家族の愛に触れられない、身近な人を信じられない環境のなかでお互いに好意を持っていったのかなと想像できるし、スピンオフやってほしいぐらい好きなカップルだった。ソヘは本心ではかまってほしいし言葉で示してほしいけど一回は突っぱねてみるタイプで、ムヨンは恋愛に関して察しが悪くて大変そう。二人とも生きてたら「ムヨンが浮気してると勘違いしたソヘの家出小話」なんかありそうだったのにね……。
それで主役のユルイソカップルは、やっぱりギョンスがかっこよかった〜殺陣に迫力があったし、左議政との対決シーンはとくに良かった。左議政の俳優さんも50代とは思えない身のこなしで切れがあった。劇中で登場人物が散々ルックス褒めるのはどうかと思ったけど、たしかに時代劇スタイルのギョンスは男前だった。ギョンスはふだん無口でも礼儀正しいイメージなので、日本だと松潤や山Pが演じてそうなツンデレ王子様役は意外だった。ただユルとイソのキャラ付けは最後までよくわからなかった。展開ありきのセリフや行動が多かった印象。現実よりフィクションのほうが「この人はこんなこと言わないはず」とか、性格との整合性を求めたくなるだけなんだろうけど。愛に飢えていてムヨンと子供だけは守りたい世子嬪とか、相手のためを思って何でも背負いすぎて、かえって相手を不安にさせるムヨンとか、いい人だけど若干スリザリン気質なジェユンなど、脇役のキャラが濃かったからどうしてもそっちに目が行っていた。とはいえ主役二人が無事なまま終わって良かった。命の危険をものともしないところや戦闘力が高いところが名探偵コナンの新一・蘭みたいで面白かった。
しばらくはNG集やオフショット見て余韻にひたろう。↓の動画を見るとジェユン役のキム・ソンホ(キム・ソノ)がシュッとしていてかっこいい。ギョンスもどちらかというと2番手のフラれ役(視聴者人気は高い)が似合うけど、キム・ソンホはより上手というか……それって誉め言葉になるかよくわからないけど…。いい意味で「主人公の恋敵になるが最終的には諦めて背中を押してくれる男」オーラが全開で凄い。

100daysmyprince 시청률 10% 공약 이행! ′으르렁′ 대는 백일의 낭군님이 왔구먼! 181015 EP.11

1月の徒然草

モトーラ世理奈の「いかれたBaby」を聴きながら、あれこれ所感を書く。

いかれたBaby

いかれたBaby

この曲どこかできいたことがあるような、と思ったらFishmansのカバーらしい。フィッシュマンズ自体は名前しか知らなかったけど、どこかできいたのかも。「悲しいときに浮かぶのはいつでも君の顔だったよ 悲しいときに笑うのはいつも君のことだったよ」「人はいつでも見えない力が必要だったりしてるから 悲しい夜を見かけたら君のことを思い出すのさ」というやさしい歌詞がモトーラちゃんの声と合ってて好き。
この曲を聴きながらなんとなく記憶と人の感情について考えていた。最近ドラマを見ているときに、とあるちょっと好きな芸人さんに似てるなと思うかっこいい人がいた。でも改めて好きな芸人さんと見比べてみるとそんなに似ていなかった。多分、記憶の中で好きな芸人さんを少し美化していたと思う。こういうことは実生活でもある。たとえば、仲良しの友達が言ってくれる「似ている有名人」は、だいぶ恐れ多いぐらいすてきな有名人が多い。友達でも恋人でも、好意を持っている相手のことは良く見えるし、記憶の中でもちょっと美化される。昔は「○○に似てるね」と言われると否定したい気持ちに駆られていたけど、本当にその人に似てるかは些末なこと。友達や恋人が自分のことを好きで、ひいき目に見てくれていることが貴重で大事なことだと思うようになった。
中身でも見た目でも、ないものは際限なくねだれるけど、今あるものやもう少しで手が届きそうなものを大事にするのは難しい。でも私はないものをねだっているとき、今の自分を過度に否定してしまうから、意識的にそういう思考をやめている。逆境や劣等感をばねにしていける人なら、ないものねだりも大事な一歩なんだろうけど、私にはたぶん向いていない。向上心は、すぐに目に見える形じゃなくても、自分でわかっていればいいかなと思う。最終的には、「すべての人を満足させるために努力する必要はない」のタトゥーシール(メイク? 映画『7号室』より)を選んでも様になる人になれるといいな。
このところお家で仕事していて友達と話し込む機会もないから、思考が寄り道につぐ寄り道している。もう少し書きたいことがあったように思うけど、忘れた。